FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方は こちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2013 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 08

【  2013年07月  】 

このサイトでご紹介するメニューのお申し込み方法について

お申し込みは姉妹サイト Celtic*white*magic marche*へ

2013.07.31 (Wed)

このサイトでは、カテゴリー別に タロットのような力を持つケルトの魔法シンボルオーガムのルーンを使った占い(神託)やエネルギーヒーリング、アニマルコミュニケーション、またはクラシックバッチフラワーのコンサルテーションなどをご紹介しています。それぞれのメニューへのお申し込み方法は姉妹サイト: ケルティック✵white✵magicマルシェ のカートよりお申し込み下さいませ。尚、openを記念しまして、●オープンのお祝い...

PageTop▲

もうすぐマルシェのオープンです。

blog再放送

2013.07.31 (Wed)

いよいよあと1日でケルティック*white*magic*マルシェがOpenの時となります。ケルト族では8月1日のこの日はルーナサ(Lughnassadh)という火の祝日です。野菜や果物、特に穀物の収穫を祝います。私たちは、日常お米やパンなどの穀物をあまりにも何気無くほとんど気にせず、美味しく楽しんでしまいますがこの時期に豊かな作物を育ててくれる大地に(大地の女神さまに)感謝の気持ちを持ってみることは素敵なことだと思います。朝...

PageTop▲

魔法世界の扉の鍵を探す前に

魔法生活のススメ

2013.07.31 (Wed)

人は地球に住んでいる生き物すべてと繋がっている。古代の人々や、ほんの少し昔の私たちの祖先の人々も、その事を良くわかっていて自然を敬い、ものを大切にし、共に楽しく生きて行くことが普通にできていました。その事は、現代の私たちには遠いことになってしまいました。私は、この動物,植物,鳥や魚や虫たち、そして樹木らにはしっかりと大切に続けている根っこの部分にある共通の思いを、人も生き物としてもう一度思い出す時を...

PageTop▲

Profileとごあいさつ。

Profile* (ごあいさつ)

2013.07.23 (Tue)

はじめましてkiicoです。空間や雑誌紙面のためのフラワースタイリングやパフォーマンス、フラワーコミュニケーションレッスン1day ワークショップなどを通してこれまで20年以上 植物たちと繋がってきました。そしてそのような時間や作品を通して彼らからのメッセージがたくさんの方たちに広がっていくのを感じることができました。いつの頃からか、いつも聞こえてくる彼らからのメッセージがより具体的に、より個人的なものにな...

PageTop▲

ケルトのオーガムとルーンって何ですか?と言われれば。

ケルトの魔法について

2013.07.23 (Tue)

古代ケルト人はそんな訳で文字を持っていませんでしたが、 代わりに”オーガム”という書記形体を持っていました。 このシンボルは、ほとんどが直線の刻み目の連続として表され 主にアイルランドやスコットランドの石碑に残存しています。 (興味深いことに石に刻まれたオーガムは後に中央アメリカと 日本!で発見されているそうです。日本人やインディアンの世界観との 関連を空想してしまいます オーガムのアルファベットとしての...

PageTop▲

草花と木とのおしゃべり

Flower touch healing フラワー タッチ ヒーリング

2013.07.22 (Mon)

日常から少し離れて 頭にあった意識をハートに降ろして、自然の生き物、木々や草花、海、空に輝く太陽や月や星とコミュニケーションする時を過ごします。日ごろ、いつのまにか置いてきぼりになってしまう1番大切なハートの中の輝きと出会うマインドトラベルにご案内します。実際に季節の植物や木、石たちにも触れ、感覚の扉をいつもより大きく開いて彼らからのメッセージを聞いてみましょう。フラワータッチヒーリングの詳しい内...

PageTop▲

はじめまして

blog再放送

2013.07.22 (Mon)

3月までひつじ店長さんが開いていた可愛いお店プティアンシャントモン(小さな魔法)にかわり、ケルティック[:よつばのクローバー:]ホワイトマジック[:よつばのクローバー:]マルシェ (ケルトの白い魔法の市場)をオープンさせて頂くことになりました kiicoです。当店では、古代ケルトの木々の精や草花の精、5つのエレメント(火、水、空気、土、スピリット)たちの力を借りて日常を離れ、深い森の中で深呼吸するような”1回ちょっ...

PageTop▲

Bach flower remedy~バッチフラワーレメディって何ですか?

Bach flower remedy (バッチ フラワー レメディ)

2013.07.21 (Sun)

*イギリスのワイルドフラワーたちが癒すバッチフラワーレメディ Bach Flower remedy 1930年代に、英国の免疫学者で王室医でもあったエドワード・バッチ博士が完成させた野の花や岩清水のエッセンスをつかった自然療法、77年の歴史を持つバッチフラワーレメディ。それは、今でも完成当時と同じ方法で丁寧に作られています。38種類の樹木や野の草花を朝一番に摘み取り、その植物たちのエネルギーを太陽や火を使って水にうつしま...

PageTop▲

アニマルコミュニケーションとは何ですか

Celtic Animal healing (アニマル コミュニケーション)

2013.07.21 (Sun)

4つのエレメントや精霊たちの力を借りて動物、鳥、魚、虫たちからのメッセージ*  アニマルコミュニケーション~Animal communication人のそばで生きることを選んだ動物をはじめ、鳥や魚などペットと呼ばれる生きものたちは、私たちと同じく自身が学ぶ今世の宿題の他に、家族の人間の歩みがより楽しくしあわせであることを手助けしたいと望む思いを持って生まれてくるといわれています。家族である動物たちと心が通う瞬間、愛を...

PageTop▲

Celtic*white*magic  ケルティックホワイトマジックヒーリングって何ですか?と言われれば。

Celtic*white*magic (ケルティック ホワイト マジック)

2013.07.21 (Sun)

Celtic white magic healing~ケルティック*ホワイト*マジック*ヒーリングのでは、古代ケルトのドルイドたちから現代の魔女へ時を越えて手渡された樹木や聖なる木立、海のエネルギーを持つ25種類の古代ケルトの魔法のシンボルを使ったケルティック オーガムルーン占いやカードリーディング、エネルギーヒーリングなどを中心にkiico自身が繋がっている植物や動物たちや目に見えない存在たちのスピリットの力を借りて、あなたと...

PageTop▲

古代ケルトの魔法

ケルトの魔法について

2013.07.21 (Sun)

ケルトが好物な方って何気な~く水面下に結構いらっしゃるのではないでしょうか♫ 歴史的に見たケルトのお話は色々な味方や解釈があります。 紀元前1世紀ごろローマ人と戦いを繰り広げていたケルト人は ローマ人たちから見ると好戦的で激しい気質、 とてもワイルドで恐ろしかったという説がありますが、 ローマ人がケルト族の賢人ドルイドの知識とパワーをうらやみ 恐れ、一神教の脅威とみなされた故のこととも言えます。 その後、...

PageTop▲

楽しい普通生活のはじめは魔法世界の扉の鍵探しをしよう!

魔法生活のススメ

2013.07.21 (Sun)

こんにちは kiicoです。いよいよ魔法世界をいったり来たりする楽しい普通生活のススメをお話できる場所ができました。”貴婦人と一角獣”のお助けのもと一言ではなかなか表現できない 魔法生活をゆっくりと少しづつご紹介しようと思います。私自身もまだまだ魔法的マインド*トラベルをはじめたばかり。皆さまからのツッコミやひらめき、発見を聞かせていただきながらご一緒により豊かで驚きとトキメキがいっぱいの魔法生活を追求で...

PageTop▲

前月     2013年07月       翌月

Menu

プロフィール

kiico holly

Author:kiico holly
はじめましてkiicoです。
空間や雑誌紙面のためのフラワースタイリング
やパフォーマンス、
フラワーコミュニケーションレッスン
1day ワークショップなどを通して
これまで20年以上 
植物たちと繋がってきました。

そして 
そのような時間や
作品を通して
彼らからのメッセージが
たくさんの方たちに
広がって行きました。

いつの頃からか、
いつも聞こえてくる
彼らからのメッセージが
より具体的に、
より個人的なものになりました。

超怖がりで、すぐ凹んで、
人がたくさんいる場所に行くと
あっという間に気後れし,
気後れしなくても
根性もなく
虚弱で頑張れなくて倒れる。 
そんな訳で人見知り。

という
なんともショボイ私を
彼らがいろいろな形で
助けてくれるように
なりました。

そして素晴らしい方たちとの出会いが続きました。

それから、
代々シャーマン家系
というイギリスの
魔法使いスーとの
出会いがありました。

彼女からもらった
魔法の数々、
魔法学校の日々は、
私と動植物たち、
いつもは目に見えぬ
ものたちとの信頼関係を
更にナチュラルに、
更に強くしてくれました。

このような魔法*時間を
過ごすようになって、
私の心と現実の生活が
大きく変わりました。

このプログを
訪れて下さった方々、
ケルティック*ホワイト *マジック* マルシェ
を見つけて下さった方々、
そして
未来のご訪問者の
皆さまにも、動植物、
自然の精霊たちの魔法エネルギー
を是非体感していただきたい
と思っています。


*****


Celtic earth magic
Official-recognition practitioner

Bach flower remedy
Bach Foundation Registered Practitioner

Floral Artist
of C'est chouette floral studio

最新記事

最新トラックバック

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR